トップ > コンサルティングサービス > M&A

M&A

M&A まず、手法・ツールとしてM&Aが適切かどうかの検証と判断から入ります。また、ブラッシュアップをかける事で価値が向上するかの判断も重要です。会社は不動産のような物ではなく、生き物です。右から左に売買をするという話ではありません。従業員もいます。安直なM&Aは決してお薦めしません。
大事なことは、しっかりとした現状の把握と課題点を認識した上で計画策定をして取り組むことでM&A後の結果、相乗効果はまったく違ったものとなります。価値診断(簡易デューデリジェンス)を行った後、ブラッシュアップ策による価値増大を図った上で、相手先の探索のステップに入る事が将来的にも、多面的にもで成功する事になります。
当社では、自社情報の他、各社提携先の情報からもより良いマッチングを行ってまいります。